回復に踏み出そう

カウンセリング

悪化する前に病院探しを

社会においてうつ病への理解は深まってきていますが、うつの症状は人によって違いが出てきます。常に意欲が低下した状態にある従来型のうつ病、またハイな状態と落ち込んだ状態が交互にやって来る躁うつ病などが知られています。そして現在は、非定型うつと呼ばれる症状も問題視されるようになっており、精神科や心療内科でも一つの症状として捉え治療が行われています。非定型うつは、意欲の低下は従来型と同様にみられますが、本人にとって良い出来事があったり、好きな物事を行うときは気分が好転します。暗くなる時間帯から夜中にかけて、気分が落ち込みやすいのも特徴です。また、従来のうつとは逆に、食欲の増進が見られることも多いです。進行すると生活が困難になるため、疑いがあるなら精神科や心療内科を受診するのが適切な対応です。非定型うつも、悪化すると社会不安障害やパニック障害を引き起こすこともあります。これら二次的な症状を防ぐためにも専門医に診てもらいましょう。極度の落ち込みや意欲の低下が2週間以上続いているなら要注意です。今は、非定型うつの治療に実績のある施設も増えているため、信頼できるかかりつけ医を見つけるのは難しくありません。もし病院選びに迷っているなら、ホームページなどを確認し各所の治療方針に目を向けてみましょう。精神科、心療内科と一口に言っても、アプローチの方法は違ってきます。非定型うつも、従来うつと同様に基本は薬物治療が中心となります。治療には抗うつ剤が使用されますが、抗うつ剤にも種類があり、副作用の少ない薬など幅広く揃えて対応しているところもあります。薬物治療に頼るなら、薬の種類を充実させている施設で診てもらうと良いでしょう。また、抗うつ剤の処方と併せて、認知行動療法を積極的に取り入れている施設もあります。うつ病を発症すると、現実とかけ離れた偏った思考に陥りがちですが、それを修正するのが認知行動療法です。世間や人に対するネガティブな決めつけを溶かす効果があり、回復に期待が持てます。ある程度症状が進んでいる場合に高い効果を発揮するため、落ち込みが激しい方は認知行動療法でも実績のある施設を受診すると良いでしょう。

Copyright© 2018 非定型うつとは【周りの理解と協力が治療への大切な一歩】 All Rights Reserved.