若い女性が罹りやすい病気

悩む男性

我が儘や怠け者ではない

最近、20代から30代の女性を中心に「非定型うつ病」と呼ばれる、精神疾患に悩まされている人が増えています。従来から知られるうつ病は、真面目で誠実な性格の中間管理職の男性に多く、仕事の重圧や職場の人間関係に悩み、不眠症などになるケースがほとんどでした。しかし、非定型うつ病の場合は、仕事や恋に充実した毎日を送っており、一見、華やかそうな外見に見えるなど、うつ病とは縁がないような人たちが発症しています。この病気の最大の特徴は、「嫌なことをするときに脱力感などのうつ状態に襲われ、好きなことをするときはやる気に満ちている」という点です。これだけ聞くと、「ただの我が儘で気分屋ではないか」と思われがちですが、実際にはうつ状態と躁状態を繰り返しており、本人は大変苦しんでいます。非定型うつ病の人と接するときには、けして「怠けている」や「我が儘を言っている」という言葉をかけないことが大切です。また、非定型うつ病と診断された人は、躁状態のときに興奮状態で人と接し、無茶をしたりトラブルを起こさないように注意してください。特に、衝動買いで大きな借金を作ったり、体が本調子ではないのに無理に出歩いて事故を起こすようなことは避けなければいけません。非定型うつ病は、比較的、若い女性が発症しやすく、うつ状態と躁状態を繰り返すため病気に気付きにくいのが特徴です。「気分の浮き沈みが激しい」や「精神的に不安定でコントロールできない」などの症状を感じた人は、心療内科などで適切な治療を受ける必要があります。体調に異常を感じた時は、早めに病院へ行くことが重要ですが、「定期的に通いやすく、何でも話せる医師がいる」ことを気にかけて、病院を選ぶことが大切です。そして、普通の精神疾患ではなく非定型うつ病を疑う人は、通院していることを人に知られないように、プライバシー保護に気を遣った病院選びを心がけてください。なぜならば、非定型うつ病の場合は、人の目を極端に気にする若い女性が罹りやすいと言われており、通院が周囲に知られることは病気の悪化につながるからです。「病院の入り口がわかりにくい」や「自宅と職場の中間にあり、周囲に知り合いが住んでいない」など、建物の構造や立地場所に注意して選ぶとよいでしょう。初めに電話などで病院へ連絡し、症状を相談して診察を予約してから来院すると、スムーズに治療にすすめるので安心です。

Copyright© 2018 非定型うつとは【周りの理解と協力が治療への大切な一歩】 All Rights Reserved.