誤解されがちな疾病

看護師

周囲の理解が重要

非定型うつは、気分が落ち込むだけでなく高揚することもあることから、うつ病の一種だと理解を得にくいところが問題です。本人は自分で感情がうまくコントロールできず、ちょっとしたきっかけで気持ちが沈んだり浮き上がったりを繰り返すので精神的に疲弊しますが、周りから見ると感情の上下が激しくとっつきにくい人と思われ避けられたり、楽しいときだけテンションが上がり嫌なことがあると落ち込むのは甘えだと捉えられたりすることがあり、周りの協力が得にくいのです。非定型うつもうつ病と同じく、周りの理解と協力が治療への大切な一歩です。まずは周りがそういった種類のうつ病が存在するということを知り、本人の性格だけの問題ではないことを理解することが大切です。また、本人に声をかける際は優しい言葉を選ぶのは重要ですが、時には注意したり叱咤したりすることも必要です。本人の治療法もうつ病と少し異なり、カウンセリングなどでストレスの原因を探るだけでなく、自己主張や自己認定をできるようにトレーニングしていくことも大切です。非定型うつは、今までうつ病と呼ばれていたものとは少し異なった症状を呈します。今までのうつ病は、気分が落ち込みネガティブになったり仕事や日常生活が何も手に付かず無気力になるイメージが強いですが、非定型うつはそのような気持ちが沈む時期だけでなく気持ちが高揚する時期もあります。高揚するタイミングは何か良いことや嬉しいことが起こったときで、健康な人と変わりません。異なるのは、落ち込みと高揚の乱高下が激しく、またきっかけの閾値が低いことです。つまりちょっとしたことで落ち込んだり高揚したりするので、感情の起伏が激しい難しい人と思われてしまいがちです。非定型うつは、昔から聞きわけが良くて他人をあまり頼らず、一人で抱え込みがちな人がかかりやすいと言われています。身体的な症状はあまり現れませんが、睡眠や食欲には影響が出ることがあります。特に夕方以降の時間帯に症状が出ることが多く、過食になったり不眠になったりします。治療もうつ病とは少し異なり、自分の性格に対するトレーニングや時には周りからの叱咤激励も必要となります。

悩む男性

若い女性が罹りやすい病気

非定型うつ病は、気分の浮き沈みが激しい症状が出るため、我が儘や怠けていると勘違いされやすいため注意が必要です。また、人の目を気にする人が罹りやすいため、病院を選ぶ際はプライバシー保護などに注意して診察の予約をすると安心です。

詳しく見る

カウンセリング

回復に踏み出そう

非定型うつは、重症化すると社会不安障害やパニック障害を併発することもあるため、疑いがあるなら精神科や心療内科を受診することが大切です。薬物治療や認知行動療法に力を入れている施設があるので、症状に合わせて受診施設を探すと良いでしょう。

詳しく見る

女性

素人判断する心の病

非定型うつ病の表情は、性格的な問題だと素人判断されやすい場合もあります。非定型うつであっても、心が体に影響を与える場合もあり、病を進行させてしまう可能性もあるはずです。一人当たりの診療時間が長引く場合があり、予約をして訪れるのも大切です。

詳しく見る

悩む男性

逆の性質を持つうつ病

非定型うつは、従来の特徴のほかに楽しいことで明るくなるなどの真逆の特徴も持っています。真面目な人などストレスを抱えやすい人がなりやすいため、可能性を感じたら病院へ行きましょう。費用計算は、交通費を含めて管理しやすくすることが大切です。

詳しく見る

医者と患者

挫折や葛藤に弱い

非定型うつには、逃避型や未熟型のように挫折や葛藤に弱いタイプもあります。また、精神科は人生相談の場ではないので、診断や治療方針の決定に必要な客観的な症状をきちんと医師に伝える準備をしてのぞむことが大事です。

詳しく見る

Copyright© 2018 非定型うつとは【周りの理解と協力が治療への大切な一歩】 All Rights Reserved.